引越し費用を知りたいあなたに

思った以上に掛かる引っ越しに伴う費用

引越しとは、人が生活の拠点としている場所を様々な理由から移動することであり、またその際の家財道具一式を移動する作業のことを指します。
生活の拠点を移すのですから、社会に生きる人間として最低限のものを運ぶにしてもその労力は並大抵のものではなく、一人では手におえない場合が多いでしょう。
知人、友人の手を借りることもあるでしょうし、現在では引越しを専門に扱う業者を利用されることも多くなっています

 

引越し専門の業者は、何をしてくれるのでしょうか。
荷物を運ぶだけではなく、梱包を手伝ってくれたり、段ボールや運搬用のラックなどを貸与してくれたり、社会の複雑化に伴い、現在では様々なサービスが生まれています。
引越しをする人は自由にそのサービスを選択することができるため、引越しの手間も昔に比べるととても省けるようになってきています。

 

引越し業者の利用をする場合、もちろん業者への支払いが発生します。
引越しにかかる費用を安く上げようと、引越し業者を数社ピックアップし、見積もりをしてもらう、という方も少なくありません。
家財を運ぶ以外のサービスを受けることになれば、当然のことながらその分の料金もアップします。
どこまでを業者に頼むのか、予算と自分が割ける労力を照らし合わせてプランを決めることが重要です。

 

では、引越しにかかる費用とは、果たして業者にかかる費用のみでしょうか?

実はその他にも、意外に高額な費用が掛かる場合があるのです。

 

例えば、新居に不要な家具などの処分です。
これは意外に大きな金額になる場合があります。

 

また、今までのお住まいが賃貸の場合、退去時の掃除はご自分でする余力がありそうでしょうか。
次のお住まいが賃貸の場合は敷金、礼金が発生する場合がありますし、新居の新しい間取りにあわせたカーテンや家具もそろえなくてはならなくなるかもしれません。

 

引越す際にどんな費用が掛かるのかを理解してプラン立てすることで、後で支出を見返した時に、「予算オーバーだ!引越し業者に頼んだこのサービス、頼まなきゃよかった」という事にはならないでしょう。
納得のいく料金で納得のいくサービスを受けながら、納得の引越しをしましょう。

 

引っ越し費用意外にも引っ越しに伴う費用は思いがけないほど掛かります。

まずは、引っ越し費用を節約する事を考えてみたらいかがでしょうか?


引っ越し費用は比較して見積もりをもらいましょう

 

大事なのは、引っ越し費用だけではなく、掃除や不用品処分も含めた金額。
比較して、思いっきり節約しましょう♪

 

 

引っ越しの手順を知っておこう

引越しにはある程度必要な手順があります。
引越し業者に依頼する場合でも、すべてを任せることはできないのは当然ですし、自分ですべてを行うのならなおのことすべきことは多くなります

 

すべきことは人によっても状況によっても異なります。
荷物の多い人もいれば少ない人もいるでしょうし、家族全員での引越しなのか家族の一部のみなのか、同一市内での引越しなのか遠方への引越しなのか、また仕事や進学が引越しの場合はその手続きなどもかかわってくることになるでしょう。

 

1.荷造り

主に引越し前にすべきことは、当然のことながら荷造りがありますが、荷造りをしておけば引越しできるかといえばそうではありません。

 

2.各種手続き

現在の住まいや新居が賃貸であればそれぞれに関する賃貸手続きが必要ですし、電気やガス、水道や電話、プロバイダーなどの新規契約や引越し手続きも必要になります。
転出入・転居届の手続きや、新聞などの定期購読物の住所変更、引越し後すぐにテレビを見たい場合はテレビ関連の引越し手続きも必要です。
これらの引越しに関する手続きは、1か月前位から各所への連絡を行い、手続きを開始するのが一般的なようです。

 

予定をシッカリと立てるのが大事

いずれにしても引越しが決まったら、何をすべきなのかをリスト化し、予定を立ててチェックしていくことが重要です。
初めての引越しならなおのことなのですが、想像以上にやることが多く、引越し直前や当日に慌てたり、引越し後に抜けが発覚したり、またやっておけばよかったと後悔したりすることもしばしばあるようです。


とても大事な作業、荷造りのポイント

引越しの荷造りをしていると、自分の物はこんなにたくさんあったのか、と思うことがしばしばあるといいます。
多くの荷物を梱包し、また引越し先ではそれを開封して整理しなければなりません。
 効率よく梱包・開封するためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

 

梱包に使うのは、主にダンボール箱になる場合が多いでしょう。
荷物は思うよりも多いものと思い、ダンボールは多めに調達するとよいようです。
大人1人で20個、子どもで10~15個が目安といわれることもあります。

 

また梱包したダンボールには、誰の何が入っているのかを箱の側面に大きく記入しておくことで、自分たちがわかりやすいだけでなく、引越し業者への指示もしやすく作業効率が格段に上がります。
ダンボールに通し番号を付けて、個数を確認できるようにしておくのも、荷物の個数の確認ができるのでお勧めです。

 

またダンボールは、きちんとクラフトテープなどで底を止めないと、底が抜けてしまう事があります。
重いものを入れる場合は、テープを十字にして強化する配慮もあったほうがいいでしょう。

 

荷造りは使用していないものから進めます
ギリギリまで使うものは、当然ですが最後に梱包します。
また梱包の際には、不要物を思い切って処分するいい機会になるかもしれません。
何でも詰めていかず、不要物は分けて梱包していきましょう。

 

書籍などの重いものは小さめの箱に詰めます。
大きな箱に詰めても運べなくなるからです。

 

また、食器類は一つずつ新聞紙や緩衝材を利用して包んで、縦に並べてつめることで、破損の危険を軽減できます。
食器を詰めたら、タオルや新聞、緩衝材などを隙間に詰めて、中身が動かないように固定しましょう。